株式会社ファイブグループの関わる全ての
「ヒト・モノ・コト」にフォーカスする公式マガジン(イデア)

  • facebook
  • Twitter
  • instagram
  • youtube

海外の人気メディアの取材に同行しました~海外観光客に大人気の『お江戸あやとり』~

2019年5月20日

海外で大人気チャンネルの『HachikoDistrict』。こちらのメディアは、海外から日本へ旅行に行く人向けに、日本のホットスポットを紹介しているメディアです。実際に『HachikoDistrict』をきっかけにそのお店に行く人も多いのだとか!海外からの旅行客にとても影響力のあるチャンネルです。

今回取材に行ったお店はこちら

お江戸あやとり公式サイトはコチラ

営業時間 17:00~24:00

電話番号 03-6380-2632

住所 東京都新宿区歌舞伎町1丁目18-9 WaMall歌舞伎町 6F

「お江戸あやとり」という可愛らしい名前の居酒屋

お江戸あやとりは美味しい地鶏の串とお料理にピッタリの日本酒が楽しめる炉端焼きの新宿にある居酒屋です。 焼き台が360度回転したり、SNS映えする前菜があったりと美味しいだけでなくエンターテインメント性も大変話題です。上品で落ち着いた雰囲気なので大人デートを楽しむお客さんが多い中、最近は海外からの旅行客も多いそう! 『HachikoDistrict』の撮影クルーがどんな点に着目するのか楽しみです!

▼トリップアドバイザーの人気ランキングは全国TOP30入り!

トリップアドバイザーの人気ランキングはTOP30入り!

▼エレベーターを降りるとオシャレな暖簾がお出迎え

エレベーターを降りるとオシャレな暖簾がお出迎え

暖簾をくぐるとそこには和モダンなオシャレ空間が広がっていました。一つ一つのインテリアが非常にセンスが良く、オシャレだけどどこかホッとするような和のテイストが織り込まれています。
撮影クルーも「ワーオ」と感嘆の声を上げながらキョロキョロ。

下書き無しで直接描かれた迫力満載の壁画や、だるまや天狗、けん玉といった昭和感あふれるアイテムが可愛くディスプレイされています。炉端焼きの煙臭い印象はゼロ!

▼ダイナミックな武士の壁画

ダイナミックな武士の壁画

▼中央には噂の360°回転する焼き台!

中央には噂の360°回転する焼き台!

個性豊かな撮影クルー

▼和気あいあいとした雰囲気です

個性豊かな撮影クルー

右側の黒い洋服を着た方が監督兼カメラマンのガラフさん。監督ならではのシビアな一面をお持ちですが、とってもチャーミングな方です。

横にいるのは、役者兼通訳のウルフさん。 ウルフさんはハワイご出身の帰国子女なので英語も日本語もペラペラです!ガラフさんがウルフさんと一緒に食事をした際に、生牡蠣を美味しそうに食べているウルフさんの姿を見て役者にスカウトしたそう!監督直々にスカウトするだけあって『HachikoDistrict』 の動画では美味しそうに食べるウルフさんの飯テロ動画多数です!

早速撮影の流れを決める打ち合わせがスタート。それと同時にビールを注文して2人でグビグビ飲み始めました!(笑) お酒が飲める撮影現場ではいつも飲みながら作業を進めるそう!楽しそうに打ち合わせをしていました。私にも、「ビールをどうぞ~^^」と言ってくださったお2人。ジェントルマンで気さくな『HachikoDistrict』 クルーです!

店内をくまなく撮影するガラフさん

▼天狗のお面や宙に浮くだるま

天狗のお面や宙に浮くだるま

席には様々な柄のランチョンマットがセットされています。モダンジャパニーズといった感じでこれは海外の方が好きそうだなといった印象。ガラフさんの目にも留まったようで、ランチョンマット単体の撮影をしていました。

▼浮世絵風

浮世絵風

▼おめでたい鶴と富士山

おめでたい鶴と富士山

▼ランチョンマットの撮影をするガラフさん

ランチョンマットの撮影をするガラフさん

お料理の撮影がスタート

丁寧に撮影するガラフさん

用意された一品目の撮影をガラフさんが丁寧にしています。そんなに熱心に撮影する料理ってなにが運ばれてくるのかな~と思っていたら、なんとびっくり!

▼えっ!?石!?

えっ!?石!?

運ばれてきたのは、日本庭園に見立てた一品!こちらは中央の黒い石のようなものが実はインカの目覚めというジャガイモ。下に敷いてある砂の様に見えるものはお塩です。バターと塩をつけて食べるという楽しい前菜です。スタッフの説明に役者陣も思わず素のリアクションが出ていました!

▼英語を話せるスタッフが常駐しているそうです

英語を話せるスタッフが常駐しているそうです

ワーオ!と驚いているのは、本日もう一人の役者のコーリさん。時々役者として『HachikoDistrict』 の撮影に参加するそうですが本業はカメラマンさんだそうです。ハンサムなので本当の役者さんかと思いました!

「Cheers!」石の芋で乾杯。一口でパクっと食べると、「美味しい~!」とこちらも素のリアクションをするお2人。
お味どうですか?と尋ねると、「甘くて美味しいです!ちょっと見た目からは想像できません!アハハ!」と実は内心では味を疑っていたご様子でした(笑)!

見た目は本物の石にそっくりですもんね!!

▼なぜかニヤリと笑う2人

なぜかニヤリと笑う2人

▼食べた瞬間に驚きの表情!

食べた瞬間に驚きの表情!

次に運ばれてきたのは色とりどりの鮮やかなサラダ。上には鳥をかたどった人参が飾られています。コーリさんはサーブされると同時に自分のスマホで撮影。インスタグラムのストーリーにアップしたよ~と見せてくれました。カメラマンというアーティスト目線でも美しいと思うサラダなんですね。

▼スマホでパシャリ

スマホでパシャリ

Giant Spoon!!!

▼美味しい料理にビールがすすむ2人

美味しい料理にビールがすすむ2人

『お江戸あやとり』の名物の一つでもある大きなしゃもじ。カウンターに座ると、焼き場担当の方が大きくて長いしゃもじでお手拭きや料理をサーブしてくれます。私たち日本人でも面白いなと思うこのシステム。

ガラフさん的にも動画内での見せ場のようで、サーブするシーンを色々な角度から何度も撮影。その度にウルフさんの通訳が入るのですが、しゃもじのことを「スプーン」とおっしゃっていたんです。
スプーン!そうか!海外の方からみたらこの大きいしゃもじは、大きいスプーンなんだなと表現の違いを実感。動画内でも「Giant Spoon」と紹介されています。

▼ちなみに、しゃもじを英語でいうと「Rice scoop」

ちなみに、しゃもじを英語でいうと「Rice scoop」

万国共通で大人気!「 黒毛和牛ステーキ 」!

メインのA5ランクの黒毛和牛ステーキが用意されるとクルーから歓声が!みんな日本の牛肉好きなんですね~!焼いてる最中も「美味しそ~」と見ていました。

▼ガラフさんも丁寧に撮影

ガラフさんも丁寧に撮影

そしてメインの一品がこちら。キラキラなお肉と美しい盛り付けが心を躍らせます。

キラキラなお肉と美しい盛り付けが心を躍らせます。

お2人ともめちゃくちゃ美味しそうに頬張っています。
ジェントルマンな 『HachikoDistrict』 クルー。私にもお裾分けしてくださいました。お肉がとろけて至福のお味です。

▼コーリさんも至福の表情

コーリさんも至福の表情

ちなみに〆の握り鮨の中にも、 黒毛和牛がありましたがこちらも大好評!動画では実際に握り鮨を調理するシーンを観ることができます。

普通にお客さんとして行くと中々実際の調理場面は見ることが出来ないので、こういった点もメディア動画ならではの楽しさですね!

▼A5ランクの黒毛和牛にワサビ!これだけで美味しそう

▼A4ランクの和牛にワサビ!これだけで美味しそう

ある意味、贅沢な日本酒の飲み方!?

ここで日本酒を注文したクルー。『お江戸あやとり』では様々な日本酒を楽しむことができます。ガラフさんが映える日本酒として選んだのが升にグラスが入った飲み比べセット。

▼酒を忘れちゃいけないよ!といった意味でしょうか?

酒を忘れちゃいけないよ!といった意味でしょうか?

お酒を注ぐシーンを撮影した後はサーブするシーン。どんな飲み方で撮影するんだろうと興味深く見ていたところ。。。。。

▼2人とも立ち上がって、ヒョイとグラスを取ると

▼2人とも立ち上がって、ヒョイとグラスを取ると

▼グイ!

グイ!

▼グイ!

グイ!

えー!!!テキーラみたいに飲んじゃった!(笑)!
カメラも追いつかずブレる程の素早いショット飲みです。この時点でたくさんビールを飲んでいたお2人。思わずウルフさんに、一気飲みしちゃって大丈夫ですか!?と声を掛けると、「全然大丈夫です!それにしても美味しいお酒ですね~!」とニコニコ。お酒お強いんですね~^^

いつもちびちび日本酒を飲んでしまう私。この豪快な飲み方は新しい日本酒の飲み方なのか!?とまたもや文化の違いに感嘆しました。

撮影も終盤

▼デザートは黒ゴマプリン

デザートは黒ゴマプリン

▼ウルフさんのマイウーな表情最高です

ウルフさんのマイウーな表情最高です

デザートの撮影を終えると、あの武士が描かれた壁画の前で記念撮影!スタッフの方が日本刀を持って来てくださいました。一般のお客さんも同じように撮影できるそうで、『お江戸あやとり』名物のフォトスポットだそうです。

武士になりきる2人

実際の動画はコチラ

個性豊かなクルーで終始賑やかに進んだ撮影。ぜひ実際の『HachikoDistrict』の動画をチェックしてみてくださいね!

今回取材に行ったお店はこちら

▼こちらの美人スタッフは3か国語に対応できるそうです!

こちらの美人スタッフは3か国語に対応できるそうです!

お江戸あやとり公式サイトはコチラ

営業時間 17:00~24:00

電話番号 03-6380-2632

住所 東京都新宿区歌舞伎町1丁目18-9 WaMall歌舞伎町 6F

 

ファイブグループの採用、始まってます

ファイブグループ公式採用サイトボタン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEでシェアする

人気のキーワード

人気記事

  • 看板娘リレー

新着記事